#

スケジュール

下記スケジュール内容は、2019年1月20日現在の情報になります。内容は予告なしに変更になる場合がありますので、日程・曲目・出演者については、ご予約前に主催者にご確認ください。日本公演のチケットは、こちらのサイトでもお買い求め頂けます。

2019年4月

Mon

Tue

Wed

Thu

Fri

Sat

Sun

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

19

大阪: 2:00pm 開演 「午後の特等席 Vol.1 中嶋彰子」 @ いずみホール <曲目>
パイシエッロ: 「いとしい人が来るとき」 / ヘンデル: 「オンブラ・マイ・フ」 / シューマン: 「アラベスク Op.18」、「女の愛と生涯 Op.42」 / ドヴォルザーク: 「ジプシーの歌 Op.55」 / R. シュトラウス: 『薔薇の騎士』 よりマルシェリンのモノローグ / 中山晋平: 「雨降りお月さん」、「黄金虫」、「ゴンドラの唄」 / 他

<出演>
ソプラノ: 中嶋彰子 / ピアノ: 村上明美

リーフレット

23

群馬 - 館林 4/23: 第10回農楽塾 春期講師によるリサイタル 「VOICE & PIANO」 @ 三の丸芸術ホール (2:00pm 開演)
4/23-28: 第10期農楽塾春期合宿 @ 館林 ※申し込み締切: 3月29日(金)
●【第10回農楽塾 春期講師によるリサイタル 「VOICE & PIANO」】
<曲目>
パイシエッロ: 「いとしい人が来るとき」 / ヘンデル: 「オンブラ・マイ・フ」 / シューマン: 「アラベスク Op.18」、「女の愛と生涯 Op.42」 / ドヴォルザーク: 「ジプシーの歌 Op.55」 / ブラームス: 「ラプソディー Op.119-4」 / 他

<出演>
ソプラノ: 中嶋彰子 / ピアノ: 村上明美

» "Voice & Piano" リーフレット
●【第10期農楽塾 春期合宿: 声楽家と伴奏家のための勉強会】
第10回目の農楽塾は、「歌曲」 と 「アリアをコンサート形式で歌う場合の歌い方」 の2つに重点を置いた勉強会になります。今回の合宿では、去年に引き続き、一流歌手も信頼を寄せるベテランの教授が曲の解釈を指導する他、総監督の中嶋が身体作りや表現力の指導にあたり、リサイタル曲の選曲方法などについても個別にアドバイスを行います。また、少しでも多くの 「使える言葉」 が身につくよう、毎日のスケジュールには、ネイティブスピーカーとの語学トレーニングも組まれている他、歌手の伴奏家を目指すピアニストが歌曲に対する理解をより深めることができるよう、歌曲の勉強には、伴奏家と声楽家が一体となって取り組むことになっています。

農楽塾では、会話に英語やドイツ語、イタリア語も使われるため、留学の際、あるいは海外で活動する際に役立つ 「生きた言葉」 が体験できるのも特徴です。また、講師陣と受講生が食と住を共にするため、講師と語り合う機会や講師の貴重な話を聞く機会、そして講師に助言を仰ぐことが出来る機会が多いのも、農楽塾ならではの大きな特色です。受講生の選考で優先されるのは5泊6日の合宿に全日参加できる方ですが、一泊あるいは宿泊無しなど、様々な参加スタイルも用意しています。

<授業以外の主なスケジュール>
· 4/23: 春期講師によるリサイタル 「VOICE & PIANO」 @ 三の丸芸術ホール、ウェルカムディナー
· 4/25: 農作&交流会
· 4/26: お茶会&琴鑑賞
· 4/28: 受講生発表会 @ 文右衛門ホール、打ち上げ

» 講師プロフィール、募集概要などの詳細は、こちらの第10回農楽塾の項目をご覧ください